電子決済はスマートに支払い・支出管理を簡単に。楽してポイ活[QUICPay×クレカ]

みなさんは日々の支払いは何でされているでしょうか?

クレジットカード、デビットカード、電子決済、現金など様々な支払い方法がありますが、どれをメインにされていますか?

現金の方が安心できると言う方も多いとは思いますが、その他の決済方法なら支払いにポイントがついたり、現金引き出しの手間や手数料がなくなります。

また、『カードはいくら使ったかわからなくなり怖い』と言う方もおられますが、最近は使用すればメールが届き、毎月の集計も自動でやってくれるのでそのような心配も少なくなりました。

これだけ利便性がよくなりポイントも貯まりやすくなっている現金以外の支払い方法を使わない手はありません。

そこで現金以外の支払いでどの方法を選ぶべきかについてですが、せっかく新しい方法を導入するわけですから、やはり手間がかからないものがオススメです。

私は過去に、現金をカードにチャージする方法をしていたのですが面倒くさくて長続きしませんでした。

そんなズボラな私でも長く続いている方法はQUICKPayです。これから詳しく解説していきます。

こんな人におすすめの記事
店頭で小銭を出すのがめんどくさい人

キャッシュレス決済に興味がある人

ポイントを楽して貯めたい人

クレジットカード払いに抵抗感がある人

QUICKPayとは

支払いの際に店頭の端末にカードやスマホをかざすだけで支払いが完了するものです。

注:モバイル端末では本人認証(パスコードの入力や顔認証)が必要な場合があります。

その後支払いはクレジットカードから(QUICPay+ ならデビットカード・プリペイドカードも選択可)翌月に引き落とされ、クレジットカード・デビットカードなら一度紐づけてしまえば、その後は特に何もすることなく使用できます。

使用できる金額についてですが、通常のQUICPayなら2万円までになります。

使用できる店舗

実際に使える店舗は本家のHPにお任せするとして、私自身の感想として、コンビニはもちろん大手のスーパー、ドラッグストア、ファミリーレストランなど生活に必要なすべての店舗で使用できるようになってきています。(2020.7 現在)

少し前まではコンビニでしか使えませんでしたが、スーパーでQUICKPayが使用できるのは節約もでき大助かりです。

使える店舗が増え、あまりにも利便性が良いので、現金を引き出す(手数料もかかりませんね)ことが少なくなりました。ただし、現金をあまり持たない習慣が続くとQUICPayの使えないお店で現金が無く、少し恥ずかしい思いをすることがあるので注意が必要です(苦笑)。

使用しているモバイルとクレジットカード

写真はイメージです

私が使用しているのは、Iphone XSと楽天カードです。

このIPhoneは顔認証機能がついており、QUICPayを使用するには電源ボタンをダブルクリックするだけで、あとは顔認証でアプリ(walet)が起動して端末にかざすだけで完了するのでお手軽です。

また、ローソン限定ですがIphoneにポンタカードを登録しておくと、支払いの際にApple payと伝え支払いするとポンタポイントも同時に貯まり、クレジットカードのポイントに加えかなりお得です。

次に使用するクレジットカードですが、楽天カードをメインで使用しています。年会費は無料で使用金額の1%がポイント還元され、ショッピング1回払いを使用すれば金利手数料はかかりません(2回払いまで手数料無しで利用可能)

このポイント還元率1%は他のカードと比べて平均的な還元率ですが、楽天ポイントは使いやすく、楽天ポイント加盟店やネットの楽天グループの各種サービスで使えます。

支払いはなるべく一枚のカードに集約する。

これがポイントを貯めやすくするコツです。QUICPayの日々の支払いやその他の公共料金の支払い等もできる限りクレジットカードで支払いましょう。

仮に月に10万円の支払いがあれば、1%の1000ポイント貯まります。半年ほど放置しているだけで結構なお小遣いになりますよ。

少し余談ですが、ポイントをより貯めるために色んな技があるそうで、例えばチャージするタイプの電子マネーをクレジットカードでチャージするとクレジットカードのポイントと電子マネーを使用したポイントの二重取りができるなどありますが、私には面倒でできません。興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

翌月払いのイメージ

今まで現金払いしていたのを、支払いのほとんどをカード払いにするわけですから抵抗があると思います。私自身も不安があり中々踏み切れない部分もありました。

そこで翌月払いをイメージを図にしてみました。

いかがでしょう。現金払いでは先々月働いた給料が使用できる金額でしたが、クレジットカード払いの場合は今月働いた給料と使用できる金額が同じかそれ以下にすれば使いすぎることはありません。

あと、クレジット払いに変更した月は先々月働いた給料がすべて残るので注意してください。急にお金ができたと勘違いして使ってしまうとカード引き落とし日に大変な目にあいますよ。

ご利用明細を確認しよう

楽天カードのアプリを使用すれば、来月引き落としされるご利用明細が使用することができます。

ご利用明細は使用後3〜4日後に反映するので支出管理もしっかりすることができるので安心です。

家計簿をつけるのがめんどくさい方や、続かない方(私もです)にはおすすめサービスです。家事の一手間が減りますね。

楽天カード以外でも同様のサービスが存在するはずなのでぜひチェックしてみて下さい。

最後に

QUICPayを含めた電子決済はかなり使いやすくなっています。電子決済を導入することのメリットは時短とポイントの取得のしやすさです。

ただし、使いやすくなったといえども使いすぎは厳禁、しっかりとご利用明細を確認してそのメリットだけをもらっちゃいましょう。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です