[Kindle unlimited]ちょっと待って。本を削除する前に。

Amazon Kindle unlimitedでよく電子書籍を読むのですが、先日困ったことが起きたので記事にまとめておきます。

下記のスライドと結論だけ読んでも内容が分かります。

10作品しか保存できない
それ以上読むには削除が必要
また読みたくなっても
読み放題の対象とは限らない
結論

また、読むだろうなと思う電子書籍は消さないように。

優先順位を決めるのもいいかもしれません。

読めなくなってるし、、、。

Kindle unlimitedはお気に入りの電子書籍を10冊保存できるのですが、それ以上になると電子書籍を削除しなければなりません。

新しい本を読むのに

Ray

読み放題の対象だから、またダウンロードすればいいや。

こんな感じで気軽に消してました。

しかし、また同じ本をまた読みたくなり。検索すると、なんとunlimitedの対象外になっているではありませんか。

読みたい本が、いつでもダウンロードできるわけでは無いのでMy本棚的な使い方はできないですね。

アンリミの見分け方

なぜ対象外になるのか?

読み放題の場合、ダウンロード数やダウンロード後に読まれたページ数に応じて利用料が出版社や著者に支払われるのが一般的。

利用数が多い書籍については、支払いが多くなるのでAmazonがアンリミテッドの対象から外したと考えられます。

こういった背景があるので、単品売りで稼げる本については読み放題の対象になって無いのでしょうね。

ちなみに今回また読みたいなと思った本はこちらです。

どちらも、Kindle unlimitedの月額980円より高いので、どちらか一冊を読むことでもとが取れる本なので非常に残念です。また、対象にならねーかな。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です