言葉の力

あなたは、ネガティブな感情で過ごすのと、ポジティブな感情で過ごすのはどちらが心地よいですか?

ほとんどの方が、ポジティブな感情で過ごすことと答えるでしょう。

でも、忙しい毎日や上手くいかない人間関係など良く無いことばかりで、ネガティブな気持ちになってしまいます。

どうやれば、ポジティブな感情になれるのでしょうか。

心は聞いた言葉でできている

心は聞いた言葉でできています。ポジティブな言葉を聞けばポジティブな心に、ネガティブな言葉を聞けばネガティブな心になります。

そして、あなたはどんな言葉を聞いて過ごしていますか?

他人から、ポジティブな言葉をいつもかけてもらってますか?

正直、そんな人はあまりいないでしょう。

そこで、ポジティブな言葉は自ら言いましょう。

あなたのポジティブな言葉はあなたの心をポジティブにします。

ポジテイブな言葉を習慣化しよう。

ポジティブな言葉を使えば、心はポジティブになります。

しかし、人生のどん底のような状況でポジティブな言葉を言える人がいるでしょうか。

そんな、メンタルの強い人は中々いないでしょう。

そこで、常日頃からポジティブな言葉使う習慣をつけましょう。

ではどのように習慣づけるか?

何かを習慣づけるコツとして毎日何かしてる習慣に新しい習慣を加える方法がおすすめです。

朝に顔を洗う前に以下の言葉を心で呟いてみてはどうでしょうか。

毎朝言いたいポジティブな言葉
今日も素晴らしい日が始まる。

すべて上手くいく

ありがとう。

こんな時にもポジティブな言葉を使おう

日常でポジティブな言葉が使えるようになってきたら、少しの逆境のときにポジティブな言葉を使い自分を鼓舞しよう。

例えば以下のような状況で心の中で呟こう。

疲れてるがまだやることがあるとき→まだまだいける

小さなミスで自分が追い込まれたとき→小さなことは気にするな

辛い訓練のラストスパート→もっといける

言い回しを考えよう

以上は自分自身に対する言葉でしたが次は少し周りにも目を向けましょう。

人の言動があなたをネガティブにすることがあります。

他人の言動でネガティブなことが起きたときはどのようにポジティブな言葉を使えばいいのでしょうか?

それは、言い回しを考えてから言葉にすることです。とっさにネガティブな言葉を言いたくはなりますが、少し一呼吸置いてから言葉を発しましょう。物事は捉え方で変わってきます。

例えば

仕事が遅い→仕事が丁寧

だらしがない→人目を気にしない

物事を知らない→勉強中

などいかがでしょうか。

ただし、この言い回しは他人を甘やかすこともあるので注意しましょう。

最後に

ネガティブで否定的な人は成功しません。

一流のスポーツ選手などのメンタルの強さはご存知でしょう。

何か成し遂げたいならポジティブな心は絶対必要です。

ポジティブな言葉を習慣化し、成功への道を歩んでください。

潜在意識をセルフコントロールする。Twitterを使用した方法。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です