平日禁酒とダイエットの関係

痩せてカッコよくなりたい。腹筋割りたい。軽やかな姿で毎日を過ごしたい。

そんな、願望はあるはず。そして、その願望を叶えるためには筋トレやジョギングそして食事量を減らすことが必要になってきます。

こんなにたくさんやるのは大変だなと思われるでしょうが、お酒を飲まれている方は、まず禁酒を行い、それから余裕が出来てきたら運動など追加していきましょう。

普段、飲まれている量にもよりますが、禁酒だけでも痩せる効果はあります。

この記事は、禁酒して筋トレ・読書・ブログを継続できている私が徹底解説していきます。

お酒を飲むと理性が弱くなる

巷では、太りにくいお酒を紹介していますが、しかし、一口お酒を飲んでしまうと理性が弱くなってしまいます。

一杯だけで、終わらそうと思っていてもついもう一杯となってしまうのが、世の常。しかも、お酒だけでなく、おつまみやスナック菓子も進んでしまう。どんどんと摂取カロリーが増えていきます。そしてあなたもこのような経験はされているはず。

そこで、期間限定でもいいので禁酒してみましょう。

毎晩飲まれている方がいきなり酒をやめてしまうのは難しいでしょうから、平日は飲酒しないなどがおすすめです。

時間ができるので運動しようと気になる

お酒をやめると、夜に時間ができます。TVを見たりして過ごすのもいいですが、目的を持って禁酒されたあなたは、モチベーションが高いはず。

禁酒がうまくいけば運動をすると決めてなくても、自然にやる気が出て来ます。

不思議なもので何かが上手くいきだすと欲が出てきてアレもコレもってなってきますよ。

これを機会にしっかり運動しましょう。

筋トレとの関係

筋肉量が増えると、代謝がよくなり痩せやすい体質になるのはご存知ですよね。

そこで、お酒を控えれるようになってきたら、筋トレをおすすめします。

ジムなどに通うのもありですが、自重トレなら自宅で気軽にでき、すぐに始めることができます。

そして、筋トレを始めたら効率的に筋肉をつけたいもの。

筋肉を効果的に肥大させるには、お酒は飲まない方がいい。なぜなら、筋トレしてお酒を飲むと以下の3つのデメリットが。

・筋肉が分解される

・筋肉増量が抑制される

・体脂肪が付きやすい

禁酒すると、以上のデメリットは解消されます。

より具体的に言うと、筋トレしたその日はお酒を飲まないようにしましょう。これだけで筋トレの効果が大きく変わってきます。

欲を言えばその翌日も飲まない方がいいですね。筋トレしてから24時間〜48時間に筋肉が肥大します。ここに飲酒することで筋トレの効果が半減するので、せっかくの努力が台無しになります。

最も理想的なのは、筋トレした2日〜3日は禁酒しましょう。

[筋トレ]その効果と継続のコツを解説

最後に お酒をやめて理想のあなたへ

痩せたい願望を達成するために、禁酒はおすすめです。お酒を少しやめるだけでこれだけのたくさんの効果が生まれます。

そして、なりたい自分がありそこに向かって努力するあなたは高級な欲求で行動されています。これは、マズローの欲求5段階説の自己実現欲求や承認欲求に該当する高級な欲求です。

そんなを欲求を叶えるための手段としての禁酒は達成しやすいのです。

当記事を読み終えたらぜひ、禁酒して理想のあなたを目指して下さい。

禁酒について理解を深め、ラクして成功したいなら以下の記事をどうぞ。

禁酒の本 オススメ3冊 画像

禁酒の本 おすすめ3選 図解入り レビュー Amazon Kindle Unlimitedなら読み放題。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です