筋トレをより効果的に。そのために禁酒は必要か?

筋トレをしてかっこいい体に成りたい。痩せたい。健康になりたい。

筋トレをする目的はたくさんあると思います。

しかし、筋トレしてるのにあまり効果がない。

そんなことってありません?

もちろん筋トレで追い込むことも大切ですが、筋トレしてる時間はわずか、筋肥大には健康的な日常生活送る必要があるんです。

健康的な生活とは、良い睡眠、バランスの取れた食事のことです。

ここにお酒が加わると、健康的な生活が崩れてしまします。もちろん全く飲まないのはハードルが高いので酒が筋トレに与える悪影響を理解していただき、お酒との付き合い方を考えていただけたらと思います。

結論

筋トレを効果的にするために禁酒は必要。しかし、その割合(バランス)が大切です。

[筋トレ]その効果と継続のコツを解説

酒が与える筋トレへの5つの悪影響

一番ダメ、筋トレの後のお酒。

筋トレで汗を流し乾いた体にキンキンに冷えたビール流し込む。心地の良い瞬間かもしれませんがこれって一番最悪です。

まず筋トレ直後は汗をかいているので、体に水分が不足しています。そこに利尿作用があるビールなんかを飲むと体の水分が抜け脱水症状になる危険性があります。

また、お酒は筋肉が分解する作用があるのでご注意を!

筋トレの後にはプロテインを飲むのが定番です。タンパク質が筋肉に効率よく吸収される時間だからです。

筋トレ直後はプロテインを飲むこれをしっかりと習慣化していきましょう。

睡眠の質が悪くなる

お酒を飲むと、眠たくなって寝てしまう人っていますよね。あれって睡眠がよくとれているように見えますが、実は寝つきがいいだけで深い睡眠が取れていません。

お酒を飲んでから寝ると、どちらかと言うと気絶している状態に近いと言われます。

傷ついた筋肉を修復するのは主に睡眠中です。そんな大切な睡眠の質を落としてしまえば、筋肉の成長と回復が遅れるのは当然のこと。

また筋肉は超回復によって肥大します。

超回復とはトレーニング等により傷ついた筋肉が、十分な休息をとることによって運動前より筋肥大する現象のことをいい。筋トレ後48時間〜72時間の休息が必要と言われています。

この超回復期間に質の悪い睡眠をとってしまうと、せっかくの筋トレが台無しになってしまいます。

お酒を飲むとつい夜更かしをしてしまいません?

お酒を飲んでいると眠くなることもありますが、またその逆もありでつい夜更かししてしませんか?

気の合う友人と飲む、または宅飲み。何にもとらわれず自由な時間こんな時が長く続いて欲しいものです。そして気がつけばもうこんな時間なんてことは多々あると思います。翌日が休みならまだしも仕事だったら、、、。

睡眠時間が短いのは、その質がいいか悪いか以前の問題です。

睡眠不足は二日酔いに似ているとも言われています。もちろんそんな状態では筋肥大を望めませんし、限界まで追い込んだ筋トレなんてできるわけがありません。

テストステロンの分泌量が減少するおそれ

テストステロンは、男性ホルモンの一種で、筋トレに関係した作用として摂取したたんぱく質を合成させ筋肉を作るという働きを持っています。

実は、このテストステロンは飲酒で直ちに減少するわけではありません。しかし、大量の飲酒を長期間続けることで減少すると言われています。

ここで一つ質問します。あなたはお酒を一杯飲み始めました。さて、この一杯で飲み終わることができますか?大抵の人は心地よくなり少しずつですが理性がなくなってきます。この心地よさが癖になり、大量に飲酒してしまうこともあると思います。

となってくるとテストステロンの分泌が減少している可能性がありますのでご注意を!

やる気をなくす

お酒を飲んだ翌日ってだるくないですか?

先ほどの睡眠不足とも似ている感じはしますが、十分な睡眠時間をとっていたとしても酒が抜けなければ二日酔でなくても気怠さはあると思います。

この状態で筋トレをしようという気になるのは難しいものです。もちろんすべての人がそうだとは限りませんが、筋トレをしない言い訳になると思います。

もし筋トレを始めたとしても集中力不足で怪我する恐れも考えられます。

体脂肪が増えやすくなる

お酒に合う食べ物って、説明不要でカロリー高めのものが多いですよね。

もし仮にコンビニでお酒を買ったとしましょう。そこでおつまみにサラダチキンを選択する人はどれだけいるでしょうか?普段から糖質や脂質を気にしてる方でも、お酒を飲む時くらいは『まぁ、いいか』となってしまう方が大半でしょう

またお酒そのものにも糖質が含まれており、特にビールと日本酒は糖質が高めです。

お酒を飲み高カロリーな食べ物をたくさん食していると、体脂肪率が上がってきます。

体脂肪率が高いほど先ほど説明した、テストステロン値は低くなる傾向があります。

ちなみに、体脂肪率が低すぎてもテストステロン値は低くなるようです。

バランスの良い平日禁酒がおすすめです。

ここまで、酒が筋トレに与える悪影響を解説しました。

ご理解できた方は生涯酒を飲まない断酒をしましょう。

って、すぐにできないですよね。

普段から飲まれていない方はそのままでも構わないでしょうが、ほぼ毎日飲まれている方は改善した方が体にも筋肉にもいいと思います。すなわち、飲んだ日と飲まない日の割合を変えることです。

こうすることで、筋トレする時間と休息を確保する時間は十分に作れると思います。

ここで一案ですが、平日の禁酒をしてみるのはいかがでしょうか。

筋肉への影響以外にも様々なメリットがあります。

・酒代がかからない

・時間ができる

・翌日スッキリ

・自分に自信ができる

・物忘れが減る

・夜に車でどこかに行ける

いいことだらけの平日の禁酒です。もし、やってみようという気になった以下の記事も参考して下さい。そのコツを解説してます。

平日禁酒の画像

平日禁酒の効果。方法と3つコツをブログで解説。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です