断ち物

断ち物(たちもの)とは、神仏に願掛けをした時に、自分の好きな食品や嗜好品もしくは薬などを絶って、禁欲により願掛けを強力にできるという民間信仰。 Wikipediaより

断ち物を実践している有名人

上杉謙信の「女断ち」

春日局の「薬断ち」

古今亭志ん朝の「うなぎ断ち」

Gacktの「米断ち」

断ち物の効果

あなたは願い事をずっと持ち続けることができるだろうか?いくら自分の願望といえど実現させるには様々な困難が待ち受けているだろう。断ち物は、自分の好きなものを求める欲求を願望を達成するための行動に置き換えることで、願望が叶いやすくなる。感覚的ではあるが、好きなものを欲する欲求が起きたときに瞬時に願望に置き換えるのだ。

また、好きなことの欲求を抑えることができるようになれば、世界を歪めることなく見ることができるだろう。なぜなら、欲求は雑念を生み現在の行動を妨げることがある。

例えばあなたは、何かの作業をしているときに自分の好きなことを考えていることがあると思う。欲求が小さくなればなるほどこの時間が少なくなり、物事を見ることができるのだ。

断ち物は神仏に願掛けするものだが、人の欲求を置き換えるものなので、私のような信仰心の薄い人間にも充分に効果があるだろう。

断ち物の自主性

何かを絶つときには、とにかく自らの意志で行うこと。他人にやらされるほとんどのことは本心ではないからだ。

また断ち物は、願いが叶うまで絶つことが多く、もっと大きな願望の場合、一生絶ち続ける人もいる。

Rayの断ち物

あなたにとっての大好物は何か、肉、アルコール、ギャンブル、異性、漫画どれがお好みだろうか?Rayはアルコールが大好物で約20年間ほぼ毎日飲んできたが、イベントや翌日仕事がないときしか飲酒しない平日禁酒をしている。

もしあなたが禁酒、禁煙を断ち物にするなら以下も参考にしていただきたい。

平日禁酒の画像

平日禁酒の効果。方法と3つコツをブログで解説。

禁煙は忍耐で達成できる。

最後に

何の目的もなくダラダラと過ごすときがあってもいいだろう。しかし、何かを得たいなら何かを捨てなければならない。得たいものが大きければ大きいほど、大きな何かを犠牲にしなければならない。

あなたが何かを得るために世の中は何もしてくれないけど、あなたが得たいものを持つ資格のある人に変わるのだ。

効率的な知識の吸収は読書しかない!

インターネットの情報は断片的なので、効率よく学ぶには適していません。

特定の分野を体系的に学びたいなら電子書籍がおすすめ。

電子書籍なら大量の本を手軽に持ち運べるので、どこでも効率よく学習できます。

\Amazon Kindle Unlimitedは12万冊以上が読み放題/

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です